世界の変態端末:極小タフネススマホ「Unihertz ATOM」

こんばんは(^-^) かおるです♪

以前、極小スマホとしてJelly Proを紹介しました。

こんにちは(^-^) かおるです。 スマホはどんどん巨大化していく風潮だけど、逆風を行くメーカーもちゃーんといるのです。 そんなメー...

タイムセールで買った人います?(^-^)
この端末メーカーが、またまた極小スマホを作っちゃいました。

Unihertz ATOM(ユニハーツ アトム)

2.45インチ(432×240)、メモリ4GB、ストレージ64GB、Android 8.1。
顔/指紋認証。防水/防塵(IP68)・耐衝撃、物理ボタン、NFC、USB OTG、DSDV、技適あり

この端末の存在は、コメント欄で教えてもらいました。教えてくれた方、ありがとうございました(*^o^*)

Unihertz ATOM スペック

驚くべきスペック

小さいくせにスペックはかなりいい!
画面が2インチ台ってところを除けば、普通によい端末じゃないですか(^o^;

性能もよく、antutuベンチマーク値は8万点台です。
うげ、かおるの愛機(P20 lite)と同じくらいじゃん(汗)

特にすごいのが極小端末なのに、2,000mAhという驚きのバッテリー容量。
どういうことだ?
実は本体を2cm近くまで分厚くして、バッテリー容量を確保してるのだ。


でも、タフネスデザインだから、分厚いのがむしろカッコいい!
欠点のはずが、欠点になってない。すごいです。

ポケットに入る高機能端末

この手の極小端末って、機能面をいろいろ切り捨てて実現するイメージがあるけど、ATOMはむしろ逆。え?顔認証?え?NFC?これでもかっていうくらいに高機能なのだ。

大きさを除けばメイン端末でも十分いける。
アウトドア時の相棒として、申し分ないですね♪

アームバンド、自転車マウント、クリップなど、アウトドア向けのアクセも豊富に用意されてるのだ。

ロマン溢れる物理キー


本体側面には、アプリを自由に割り当てられる物理キーがあるのだ。
これがガジェ魂をふるわせるっ!(^o^)

そういえば、お亡くなりになったgoo g07にもついてたなー。物理キー・・・。

ともかく、この物理キーと本体のタフネスデザインによって、この端末からはガジェットというよりも、なんかツールって感じの渋い雰囲気を感じるのだ。

極小端末での決定版

技適付きで国内でも使えるし、不足の無い機能と性能。
他に選択肢はないでしょう。

まだ一般発売は開始されていないので、待ちましょう(^o^)
たぶんAmazonでの販売になると思います♪


販売されたかチェック用♪

Amazonで検索

コメント

  1. yumeneko より:

    はじめまして、クラウドファインディングには間に合わなかったので、オークションでunihertz ATOMを新品未開封を入手しました。思ったよりも電池持ちがよく、使ってるスマホがsnapdragon835なのですが、普段やってるゲームなども、一部文字の潰れはあるものの全部動いてしまうという性能の良さでした。メインスマホでも十分使えるスペックです。顔認証も結構早くて使いやすい。いいスマホです(*´∀`)

  2. かおる より:

    yumenekoさん、すごい!オーナーさんなのですね。
    かおるもスペック表をみて、解像度以外はメインでいけるなーって驚きました。
    ゲームもするってのは、それはそれでつわものですね・・・(^o^;