所有欲を満たす高い質感。XPERIA 8 Lite 実機開封レビュー①

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

今回は、新発売された「XPERIA 8 Lite」を開封していくよー!

XPERIA 8 Liteとは

Xperia 8(SIMフリー)の焼き直し版。素人目にはスペックはほぼ同じで、価格を3万円に抑えたオトクな端末なのだ。

変わった点は、カラバリが白黒2色に絞られたのと、マニア向けの音響機能が削られたのと、バッテリー容量が微増したくらい。

機種名 J3273
カラー ブラック、ホワイト
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約69mm×約158mm×約8.1mm
重量 約170g
バッテリー容量 2870mAh(内蔵電池)
ディスプレイ 約6.0インチ/液晶 トリルミナスディスプレイ for mobile/Full HD+
OS Android™ 9 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon™630/2.2GHz+1.8GHz オクタコア
メモリ 64GB/4GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
カメラ 有効画素数約1200万画素/F値1.8+有効画素数約800万画素/F値2.4
フロント 有効画素数約800万画素/F値2.0
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® ver.5.0
外部デバイス USB Type-C™
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ®
3.5mmオーディオジャック 〇(4極ヘッドセット(CTIA規格準拠)対応)

XPERIA 8 Lite開封!

じゃじゃーん!
これがXPERIA 8 Liteだー!
今回はホワイトを買いました。最近白系が多い♪

端末を取り出してみると、軽い違和感を覚えるぞ。
あ!充電器がない。
おー。どうりで箱が薄いわけだよ。エコだねぇ。

というわけで、内容物はこれだけ。
まじか。フィルムも貼ってなければ、ケースも同梱されてないぞ。日本の端末だから仕方ない。
さっそくビニールから取り出そう♪

XPERIA 8 Lite外観チェック♪

端末は、最近のXPERIAらしく縦長。そして、ノッチなしの三辺狭額縁。
三辺狭額縁って言葉も懐かしいね。

そして、背面にはSONYのロゴ。いいね♪

受話部周辺。

リアカメラ周辺。
NFCのマークが見えるね。

向かって左は、SIMトレー。

反対側は、音量と電源&指紋センサー。

いいよね。側面指紋センサー。
こうしてみると、カメラのでっぱりは結構あるね。

上面は、イヤフォンジャックとサブマイク。

底面はスピーカー、USB(タイプC)、メインマイクだよ。

XPERIA 8 Lite電源オン!

SIMフリー機なので、もちろんキャリアのロゴはないよ。

SIMカードは入れてないけど、日本語で起動してきた。さすが日本製♪

まって。画面綺麗すぎないか💦
寄っても、ドットが見えてこない。

セットアップの途中で、SONY製アプリをインストールするか聞いてきた。
すごい!なんて良心的なんだ。
とりあえず、全てチェックを外してセットアップを続行。

XPERIA 8 Liteのホーム画面

アプリドロワーはないタイプだね。

右フリック。さすがにアプリ少ないね。
って、フェイスブックとかプライムビデオとかは強制なんだw

反対側は、ディスカバー。うんうん。標準的だね。

antutuベンチマーク

最後に、XPERIA 8 Liteのantutuベンチマークスコアを計ってみよう。

野良アプリだから、公式サイトからダウンロードしてインストールするよ。

ダウンロード長いから待ってる間に思ったんだけど、XPERIAって独特のデザインしてるよね。
それが個性だと思うから、いいと思う。

インストールが終わったので、さっそく計測開始ー♪

んー。結構カクカク?

結果は、11万点でした。
わりと控えめな点数で拍子抜けしたよ。

次回の予告

次回は本来の目的、いろんなSIMカードでネット・通話が出来るか確認するよー♪
お楽しみに!

Xperia 8 Liteをお得に買うなら

nuro mobileで詳細を確認する。
スポンサーリンク