arrows M05 実機開封レビュー①

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

今日は、富士通コネクテッドテクノロジーズのarrows M05なのだー。

化粧箱が妙に薄いのだ。

それもそのハズ。arrows M05は、充電器やケーブルといった同梱品を極力なくしているのね。
それで外箱も薄いってワケ。

じゃー、さっそく開封ぅぅぅっ!

arrows M05 開封

まって。

まただよ。
また、袋に入ってるよ💦

ファーストオーナーの特権、シートぴりぴりの儀式ははるか遠く。
最近、ぴりぴりしてないなぁ。

…って、はっ!

デュアルカメラレンズに、保護シートがっ!

なんでレンズだけ?って思ったけど、画面には保護フィルムが最初から貼ってあった。あー、そういうこと?

ってまてーぃ!

この画面保護フィルムが、ちょっとひどい。あんまりつるつるしてない。

むー。
あとで剥がしちゃお。

arrows M05 外観チェック

まずは正面右側。
写真右から、電源・音量・googleアシスタント・ストラップホール。

変わってるのは、まず「 googleアシスタント 」のボタンね。
押すと、googleアシスタントが起動する、はず。

そして、「ストラップホール」

いやぁ、もうarrowsだけじゃない?ストラップホール。

かおるも昔はストラップホール至上主義だったけど、海外製スマホには一切無いってことにすっかり慣れちゃって、今回のストラップホールには逆に違和感をおぼえたよ(笑)

たぶん、業務用を意識してるのかなー。arrowsって個人向けってより、法人向けってイメージだし。

で、反対側にはSIMトレーのみです。

って、防水・防塵端末なのに、SIMピンタイプのSIMトレーってすごくない!?

・・・って考えてみたら、iPhoneもそうなのか。
ほんと、iPhoneを知らないかおる💦

上面は、イヤフォンマイクのジャックとサブマイク。

下面は、スピーカー・USB(Type-C)・マイクだね。

外観はこんなもんかなー。

あ、そうだ。忘れないうちに言っておきたいかも。

ブランディングとしては「arrows」推しみたいで、「FUJITSU」のロゴマークは取説の表紙以外に見つけられなかったんだよね。
本体にも化粧箱にも。ちょっと意外ー。

じゃぁ、起動するねー。

起動するのを待つ間に、同梱物だけチェックしよう。

arrows M05 同梱物

これだけ。

書類と、SIMピンだけ。まじかよってくらいなんもない💦

外箱がこの薄さでも、中は上げ底されてたものw

って、端末、上がってきたみたい。

arrows M05 のホーム画面

ホーム画面はこんな感じ。
画面下部のボタンは最近はやりのジェスチャータイプになってて、結構使いやすいよ。

arrows M05 のプリインアプリ

富士通独自のアプリがちょいちょい入ってる感じで、全体としては数は少ないです♪

arrows M05 のノッチデザイン

最近のトレンドに沿って、ノッチデザインになってるのね。
これはカッコいいとおもう♪


まぁ、ちょっとノッチは結構深いイメージかな。

あと、下ベゼルが結構厚いのね。

これは、上側のノッチに幅を合わせてきてる感じ。

横画面でゲームするときとかは、ちょうど画面が中央にきて違和感ないかも😊

全部入りだけど、ワンセグ/フルセグはなし

国産スマホって聞くと、「全部入り」ってイメージがあるよね。

確かに、防水・防塵・おサイフ対応だけど、赤外線とかワンセグ・フルセグ(いわゆるテレビ機能)はないよ。

国産でもテレビ機能がないのは、最近のトレンドだね。

arrows M05 スペック概要

5.8インチFHD+(2,280 x 1,080)、メモリ3GB、ストレージ32GB、Android9.0、バッテリー 2,880mAh 。

arrows M05 の価格

相場としては、だいたい3万円弱くらいと、比較的買いやすい機種なのだ😊

ちなみに期間限定ではあるけれど、ocnモバイルoneでセール中だから、在庫切れじゃなければお得に買えるぞ♪

かおるの感想

派手さはなく、普段使いに手になじむラウンドなボディに、マットな仕上げ。

スペックはそこそこな感じだけど、けっこうキビキビ動くよ。

ゲーマーじゃないすべての人にって感じのスマホなのだ😊

さてさて、次回は各系統の格安SIMでネットや通話が出来るのか、試してみるよ。
お楽しみにー♪


万人向けarrows M05

Amazonで詳細を確認する
楽天市場で詳細を確認する
このお話には続きがあるよ!
ドコモ系・au系・ソフトバンク系格安SIMでのネット・通話テスト。arrows M05 実機開封レビュー②
ぜひ読んでね♪
スポンサーリンク