ASUS ZenFone Live (L1) (ZA550KL)実機開封レビュー①開封

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

新しいかおるの愛機として、Zenfone Live(L1)が届いたので、今回はこれを開封していこー!

今回の端末はBIGLOBEモバイルで購入したのだ。
買い方はここでは語らないので、ポイシム参照なのです♪

ZenFone Live (L1) (ZA550KL)開封

ダンボールの中身は、カラフルな端末パッケージとBIGLOBEモバイルのSIMと書類達。書類はどうでもいいのでポイです。おーっと、間違ってSIMは捨てないようにしないと。

BIGLOBEモバイルの良い点は独自アプリがプリインされていない点かなー。最近は買ってないけど、mineoとか楽天モバイルは独自アプリがプリインされてたんだよね。

プリインアプリの一つや二つどーってことはないんだけど、問題はそこじゃない。
つまり、一度開封されてるってことなのだー!
いやいや、重要よ重要。どうせ同じ端末を買うんなら、安く!そして未開封!それがいいに決まってるよね♪

外箱を見渡すと、いろいろ書いてある面があった。

まず、IMEIが2つ記載されてるので、SIMスロットが2つあることがわかる。願わくばDSDVでありますように。ってエントリーモデルにそれは無茶な要求か。

色は「ピンク」を買ったのだ。えーっと、メモリ2GBにストレージは32GBだね。5.5インチHD+で、カメラは5Mと13M。ん?アウトカメラも単眼かな?

開封ー!

・・・って思ったら、白い箱が出てきた。ジャマジャマ!

ご対面~♪

あっ!

そうそう!ASUSはこうだった!画面の保護フィルムは貼ってなくて、袋に入ってるんだよね。
保護の目的は果たしてるし、こっちの方がボディ全体を守れるからむしろ正しいのに、なんかヤだ。

だって、ファーストオーナーの特権「フィルムぴりぴり」が出来ないんだもん!(笑)

ま、まぁいいのです。

ってことで、ジャーン!Zenfone Live(L1)です。かおるの新しい愛機です♪

色はピンク。あっ、小さなシールが!
いやっほぅ!ぴりーっ!

ZenFone Live (L1) (ZA550KL)外観チェック

というわけで満足したので、ゆっくり外観をチェックしていこうかなー。

そうだ、外観チェックの前に感想を一つ。
かっる!Zenfone Liveかっる!
羽でも生えてるんじゃないかって軽さ。何グラムなんだ?あとで調べて見てみよう。

充電端子はmicro-USBだったよ。

エントリークラスだとまだまだ現役のmicro-USB。そのうち淘汰される日が来たりするのかな?でもコスト優先だし先は長そうだよね。

3.5φ(ファイ)のイヤフォンジャックも健在です。

かおるは有線はぜひ欲しいから失くす流れはいやだなーって思ってる。ブルートゥースのイヤホンマイクも持ってるけど、充電するアイテムが1つ増えるのは面倒なのだ。それに再接続にたまに失敗したりするのも地味に面倒なのだー。

側面は電源・ボリューム・SIMスロット。

側面の形状は単純な曲線じゃなくて、微妙なとんがりがある。微妙に。
背面からのラウンドと、正面からのカーブがぶつかるところ。滑りにくい形状なのでよきです♪

アウトカメラは単眼でした。

今は多眼ブームなので単眼はむしろ珍しいねー。レンズはわりとはっきり出っ張ってるんだよね。本体が薄いとはいえ、ちと残念。

外観チェックもこんなところかなー。
じゃー、ディスプレイの形状もチェックしたいし、いよいよ電源おーん!

初期起動が終わるまでちょっと時間がかかるっぽいので、今のうちに同梱物をざっとチェックしていこう♪
どうせ全部箱に戻すと思うんだけどねー。

ZenFone Live (L1) (ZA550KL)同梱物

箱をひっくり返すと落ちてきたのは3つ。

ACアダプター、USBケーブル、イヤホンマイク。やっぱり全部箱にしまう系だねー。アップで見る?見なくてもいいよね。

あえてコメントするなら、ACアダプターだけはロゴ入りでカッコいい♪

あ、そうそう。最初に対面した白箱を忘れてたよ。

開けるとASUSオリジナルのSIMピンが。

SIMピンはかおるが買った中では、ASUSが一番カッコいいと思う♪
といいつつ使わなくてこのまましまうんだけどね。

箱の中身は書類関係でした。

そうそう。ASUSってちゃんと日本専用のコールセンターがあるんだからすごいよね。さすがだよねー。かけたことはないけど。

同梱物はーこれで全部かな・・?うん。全部だね。
あ、そうそう。それじゃ、気になる端末重量と含めて、スペックを確認してみよう♪

ZenFone Live (L1) (ZA550KL)スペック

型番 ピンク:ZA550KL-PK32
ブラック:ZA550KL-BK32
ブルー:ZA550KL-BL32
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon 430 オクタコア(1.4GHz)
プラットフォーム Android 8.0
ディスプレイ 約5.5インチ , IPS液晶ディスプレイ
サイズ 高さ約147.2mm x 幅約71.7mm x 厚さ約8.1mm
重量 約140g
解像度 1,440×720ドット (HD+)
メインメモリ 2GB
ストレージ 32GB
バッテリー容量 3,000mAh
対応回線 NTTドコモ回線 (タイプD)
au回線(タイプA)
通信機能 3G : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD-LTE : B38/41
GSM : 1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz
IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth® 4.0
VoLTE タイプD (NTTドコモ回線):対応
タイプA (au回線):対応(日本国内において3G通信はご利用いただけません)
カメラ アウトカメラ:約1,300万画素
インカメラ:約500万画素
インターフェース microUSB
nanoSIMスロット×2 *
microSDカードスロット
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック
  • 2枚のSIMカードを使って、同時にLTEでのデータ通信・VoLTEでの通話/待ち受けはできません。
付属品 USB ACアダプターセット(USBチャージャー、microUSBケーブル)
SIMイジェクトピン
イヤホンマイク(ZenEar)
ユーザーマニュアル
製品保証書
本体カラー ピンク
ブラック
ブルー

気になる重量は140gだったよ。140gってこんなに軽いんだねー。ちょっとびっくりだよ。

んー、そうなると気になるのはバッテリー容量だなー。容量はー・・・3,000mAh!
意外にあった。

あ、起動したみたい。

ZenFone Live (L1) (ZA550KL)ディスプレイ形状

画面はノッチ無しのほんのり角丸。いいね♪
上下のベゼル幅はちょっと広いけど、幅は同じくらいだからYoutube観る時とかはいい感じ。

あとちょっと驚いたのが、2.5Dディスプレイじゃないこと。画面は平面でふちに微妙に出っ張りがあるのだ。これって画面が傷つきにくくする対策なのかな。

あ、そうそう。ディスプレイの表面は期待を裏切らないツルッツルさだったよ。ほんとにツルッツル。かおるが知る限り、どのメーカーよりもASUSの画面はツルツル。

ZenFone Live (L1) (ZA550KL)プリインアプリ

プリインアプリは、ATOKやインスタ、フィルターアプリや電子書籍アプリなどちらほら入ってる。

BIGLOBEモバイルとは無関係だと思うから、ASUSがそれだけ日本に根ざしてるって証しなのかなー。

「ASUS」ってフォルダーが気になったけど、大したものは入ってなかった♪

しばらくしたらシステム更新が降ってきたよ。販売開始後にちゃんとシステム更新がされてるってことだねー。良いことです♪

まとめ

Zenfone Live(L1)を開封しました。ボディは軽くて薄くてピンクも綺麗な発色で、とても良い感じです♪

今、普段使いにするべくいろいろアプリをインストールしてるんだけど、意外にヌルサクなんだよねー。そんなに性能はよくないはずなんだけどなー。いずれantutuも測ってみましょう。

次回

次回はSIMを挿して通話・通信テストをしてみようと思います。

ドコモ系・au系・ソフトバンク系の格安SIMで通話・通信を確認した後に、ドコモ系+au系のDSDVが利用できるか確認してみます。

次回もお楽しみにー♪

このお話には続きがあるよ♪

ASUS ZenFone Live (L1) (ZA550KL)実機開封レビュー②格安SIM(3キャリア)通話通信テスト
2019/04/08追記 まとめの章でDSDSの挙動について補足をいれましたかおるです。おかえりなさい♪なんと、ドコモ系SIMとau系SIMで同時待ち受けが出来るだとーっ!?ただしオチもちゃーんと用意されています♪このお話は...

ぜひ読んでね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました