ZenFone 3 Max (ZC520TL)実機開封レビューその1:購入したー♪

かおるです♪

届いた!

さっそく開封していこー(^o^)/

ダンボール開けながら、ZenFone 3 Maxの事ちょっとおさらいするね♪

ZenFone 3 Maxとは?

そーだなー、まず「Zenfone」ってのは、ASUS社のスマートフォンブランドなのね。で、Zenfone4シリーズがまだ日本で発売していない現在、Zenfone3シリーズは最新シリーズってことになるのだ♪


おっと、今回は楽天モバイルで購入したのね。楽天モバイルはSIMを契約しなきゃいけないから、もれなく同梱されてきます(^o^;

あ、んで、話を戻して。
今回の「ZenFone 3 Max」は、日本では今年の1月14日に発売されて、まだ半年ちょいしか経過していないんだよねー。
だけど、スペック的にZenfone3シリーズの末っ子にあたるから、そこそこ実売価格が安くなってきてるのだー。買うにはいい時期だよ(^o^)
購入相場については、また後でね♪


さって、ダンボールの中身はこれで全てかな♪
左側のチラシとかは、楽天モバイル関係の書類だから華麗にスルーして、目的は端末の箱です!

そうそう。ちょっとここでトリビア(^o^)

ZenFone 3シリーズの山のようなバリエーション

ZenFoneシリーズって、毎回すごい数のバリエーションを出すことで有名なんだよね。今回のZenFone 3シリーズも沢山ある。10個以上あるんじゃない?数えたことないけど(笑)
んで、このZenFone 3 Maxだけど、「ZenFone 3 Max」という名前ですでに2機種あるのだ(^o^;

・ZenFone 3 Max(ZC520TL)
・ZenFone 3 Max(ZC553KL)

紛らわしいよ(笑)
主な違いは画面サイズで、5.2インチと5.5インチ。型番の52とか55はたぶん画面サイズを指してるよ。

今回かおるが買ったのは、5.2インチ版です♪
んで、5.2インチ版のスペックを軽く見てみようかな。

ZenFone 3 Max (ZC520TL)スペック

名称 ZenFone™ 3 Max
プラットフォーム Android™ 6.0
プロセッサー MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
画面サイズ 5.2インチ 1280 × 720(HD)
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
カメラ アウトカメラ:1,300万画素
インカメラ:500万画素
バッテリー容量 4,100mAh
サイズ 高さ約149.5mm×幅約73.7mm×厚さ約8.55mm
質量 約160g
SIMサイズ micro/nano SIM
カラー シルバー、ゴールド、グレー
外部接続端子 micro USB

さぁ、ご開帳ー(^o^)/

ASUS ZenFone 3 Max(エイスース ゼンフォンスリー マックス)

おー、全面ブラックで美しいです!

ZenFone 3 Maxのカラバリは、グレー銀金の3色展開ね。

で、それぞれのベゼル(額縁)の色は黒白金で、かおるはべセルは黒派なのでグレーを買いました(^o^)
かおるは、画面が消えてるとき(スリープ時)に、一枚板に見えるのがカッコよくて黒派なんだー♪
あと、電子書籍読むよりも映像を観る方が多いから、そーゆー意味でも黒が好き。

同梱物


端末を取り出して、フタを開けると同梱物が収められてた。


とりあえず全部出してみた。
なんか変なケーブル?みたいなのも入ってた。

って、そんなものは後回しにして、端末端末ー♪

外観鑑賞♪


うーん♪美しいです(^o^)
画面のスペックは、5.2インチ、HD解像度(1280×720)のIPS液晶です。
HDなのが末っ子のゆえんかな。


裏を見ると、なんかシールが貼ってあるぞ。なんだろ。
えーっと、シリアル番号と、IMEIが2つだね。
IMEIが2つ書いてあるってことは、SIMスロットが2つあるって事だけど、たぶんこれは2G+3/4Gの海外用DSDSで、いわゆる国内DSDS端末ではないのです。
5.5インチ版のZenFone 3 Max(ZC553KL)は、国内DSDSなんだけどねー。そこは末っ子だからしかたないね♪

シール貼りっぱなしはみっともないから剥がして捨てちゃおう。
ぺりっ!ぽいっ


で、上から順番に説明すると、まずはリアカメラで1,300万画素。横はLEDフラッシュライト
その下が、このクラスの端末では珍しい指紋センサーね♪画面ロックの解除だけじゃなくて、アプリの起動スイッチになったりといろいろ遊べるのだ(^o^)
一番下がスピーカー。背面に配置されてるんだね。机に置いたら音がこもりそうでちょっと気になる。メタル筐体の場合って、頭部と底部はアンテナでいっぱいそうだから、スピーカーの居場所はないんでしょうねー。

あ!それから、カメラ!
みてみて、出っ張りが無いの!

逆に少し凹んでるくらい。カメラって大抵少し出っ張ってるから、これは素晴らしいです!
なにが素晴らしいかって、机においてもガタガタしない事!
これはポイント高いです♪

それじゃぁ側面をなめ回しましょう(笑)

まず右側面だけど、ボリューム電源ボタン。同心円のスピン加工がしてあって高級感があります。スピン加工はASUSのアイデンティティだね(^o^)


次、反対側。SIMスロットだけだね。
そうそう。ストッロイジェクト用のSIMピンだけど、

ほら、ロゴ入りで結構力はいってる♪
iPhoneの真似じゃないSIMピンは、nexus5以来久しぶりかも。ここは好感持てますねー(^-^)

そうそう。側面で思い出した。本体の厚さ。8.5mmでまぁそこそこ厚い感じ。これはバッテリーのせい。
名前の「Max」は、バッテリーがMaxって意味ね。容量4100mAh(ミリアンペアアワー)。画面解像度がHDと抑えられていることもあって、バッテリーの持ちはいいハズ。
この4,100mAhの大容量バッテリーを5.2インチ筐体に押し込めたことを思えば、厚みは十分がんばってると思う。バッテリーをウリにする端末って、平気で1cm越えてきたりするもんね。
あと、カメラが出っ張ってないのも、この厚みのおかげだと思うんだ♪

じゃぁ、続きね。

上は、3.5φ(ファイ)のマイク/イヤホンジャック


同梱のイヤホンマイクは、ロゴとかは入ってないし、特に高級感はない。でも、音は案外良くて嬉しかった♪
低音から高音までちゃんと出てる。おもちゃみたいな音質を想像してたから裏切られてよかった(笑)


下はマイクロUSB端子マイクね。そう。タイプCじゃないんだよ。これも末っ子だからって事で(笑)


そのACアダプターはASUSのロゴ入り♪出力は2Aね。

さてさて、本体を持ちあげた感じだけど、ちょっとずっしり感があるよ。公称値160gだからそこまで重くは無いはずなんだけど、やっぱり5.2インチのサイズに対しての160gだからだろうねー。バッテリーが大容量という証だね♪

あと、メモリ2GB/ストレージ16GBで必要十分なスペックです♪

さー、外観はこんなもんかなー(^o^)

じゃぁ電源を入れてみよう!

ASUS ZenFone 3 Max 電源投入

とりあえず、初期設定はいろいろすっ飛ばして(笑)
これがホーム画面ね。


えーっと、キャプチャ撮ろっかな。。。っと。

今回かおるは楽天モバイルから購入してるから、楽天関係のプリインアプリが並んでるけど、これは買うお店によって変わると思うよ。

さーって、今日の実機開封レビューはこのくらいかなーって感じだけど、最後に1つだけ試してみたい事があるのだ(^o^)
それが!

モバイルバッテリーになるらしい

リバースチャージ機能っていって、Maxシリーズのお家芸。これって、モバイルバッテリーのように、他のUSB機器を充電できるのだ。
最後にこれだけやらせて!(^o^)/

とうっ!

そうそう。同梱されてた変なケーブルを利用する必要があるのだ。

延長ケーブルみたいで、一方はスマホに挿すんだけど、反対側は標準サイズのUSBポートになってる。
OTG(オーティージー)ケーブルっていって、[On The Go]の略。PCみたいにUSB周辺機器が使えるっぽいのだ(^o^)

このOTGケーブルと、普段充電に利用するUSBケーブルを使って充電です。
OTGだと、PCのUSBポートみたいに給電が出来るから、それを利用してるってことなのかな?

OTGケーブルを挿したら、画面になんか出た。

ほっほー。んー。つまりはどゆこと?(^-^;

USB周辺機器を使いたいときは「OTGモード」で、MAXのウリであるリバースチャージ機能は「リバースチャージモード」を選べば急速充電が可能ってことか!
これは素晴らしいです。マジでモバイルバッテリーになるんだね♪

・・・・ってこれ、サブ機として活躍するための最適な端末ではないか(笑)

ところで、キーボードやマウスを繋げたら使えるって事かな?今度試してみよーっと♪
ホントに使えたら、これって相当の変態ぶりですよね(笑)

いやー、ちゃんと充電も出来たし満足したー(^o^)

それじゃ、中身(Android)については、また今度いろいろいじろうと思う♪

あ、そうだ。忘れてた(^o^)

大きさ比べ

左から、4インチ(g06+)、5インチ(PIXI4)、5.2インチ(zenfone 3 max)、5.5インチ(g07)です。

5.2インチと5.5インチで、高さが僅差なのが気になる(笑)ASUSは上下のベゼルがちょっと厚いんだね。
あと、ナビゲーションキーが画面の外にある(左2台)のと、中にある(右2台)のでも画面の広さに差が出るね。

そして、フロントパネルにでかでかとロゴを載せてるのは、ASUS!あなただけだ(^o^;(笑)
まぁ、ベゼルが黒だから特に目立つんだけどね。

購入価格について

ZenFone 3 Max (ZC520TL)の定価は21,384円(税込)なのね。
日本での発売日は2017年1月14日なので、それからだいぶ月日がたって販売価格も下がってきたよ。

端末単体で購入

もし、あなたがZenFone 3 Maxを持っていないなら、ぜひおそろになりましょう♪

楽天市場で詳細を確認する

アマゾンで詳細を確認する

Yahoo!ショッピングで詳細を確認する

格安SIMと抱き合わせで購入

楽天モバイル



・21,384円(税込)
・10,584円(税込)(スーパーホーダイ2年契約)
・0円(スーパーホーダイ3年契約)

OCNモバイルONE



・21,384円(税込)

イオンモバイル


・21,384円(税込)

むー。基本的にどこも定価販売なんだね(^-^;

これから使い倒すよっ!

かおる、ASUSを普段使いするのは初めて。いろいろ使いこなしたいと思う♪
既にZenfone 3 Maxのオーナーのあなたのお話もいろいろ聞きたいです。

それじゃ、次回のレビューもお楽しみにー(^o^)/

このお話には続きがあるよ♪

かおるです♪ このお話は の続きです♪ 予想外に早くてびっくり! この前かおるが買ったZenFone 3 Max(Z...
スポンサーリンク

姉妹サイト

ポイシム(ポイントサイトで格安SIMが安いそうですよ?)
かおるの金銭欲担当ブログ♪ 格安SIMをなるべく安く利用する事を目指してたら、やり過ぎてお小遣い稼ぎまで出来ちゃったからそれを紹介してます。 たくさんお小遣いを稼いで、新しいスマホを買うぞー(^o^)
はじめての携帯乞食
携帯乞食の井戸端会議用掲示板♪ 初心者同士が気軽に情報交換できる場所、居心地のいい場所を目指して作りました(^o^) 活動環境は悪化の一途だけど、情報をやりとりしつつ乗り切っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ぜひおきたんをフォローしてね♪

コメント

  1. masa より:

    いつもこちらの記事を見ながら
    新しい端末を探しています
    楽天のセールでzenfone3 maxを
    私もゲットしました
    android 7にアップデートされるんでしょうかね?

  2. かおる より:

    masaさん、いつもかおるの記事を読んでくれてありがとうございます(*^o^*)
    そして、max仲間ですね♪
    android7へのアップデートは、グローバル版が8月にアップされたばかりっぽいので、日本版は2~3ヶ月後くらいじゃないかと勝手に期待してます。
    来るといいですねー(^o^)

  3. masa より:

    そうですか
    私も期待して待つことにします

  4. かおる より:

    はい♪
    一緒に待ちましょー(^o^)

  5. huaweiP10lite より:

    zenfone3max、フル充電何時間かかるんですか? 16GBって容量が心配(^_^;)
    5.5インチ買う予定

  6. かおる より:

    huaweiP10liteさん、0→100のフル充電はやったことないので、今度試してみて次のレビュー記事で報告したいと思います♪
    容量は動画撮る人やゲームをたくさん入れる人には不安かもですねー。かおるには十分ですよ(^o^)
    5.5インチ版はこの5.2インチ版とは別物のスペックなので、あまり参考にならないかもです。羨ましいです(>_<)