【2020年最新版】格安SIMのおすすめ会社【ドコモ・au・ソフトバンク毎に語ります】

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

おすすめの格安SIM会社が知りたいあなた向け。

「毎月のスマホ代を減らしたいから格安SIMに乗り換えたい。でも、なんだかたくさん会社があって比較しきれない・・・。今、ドコモでiPhoneを使ってるんだけど、この場合はどこがおすすめ?」

あなたのこんな疑問に、ドコモ・au・ソフトバンク毎に答えます♪

この記事の内容

  • ドコモ・au・ソフトバンクはどう選ぶの?
  • かおるがおすすめするドコモ系格安SIM会社
  • かおるがおすすめするau系格安SIM会社
  • かおるがおすすめするソフトバンク系格安SIM会社
  • まとめ:格安SIMは安すぎる

この記事を書いてるかおるは、格安SIMの世界に飛び込んで6年、今現在は8枚の格安SIMを契約しています。そんなかおるが、本記事ではドコモ・au・ソフトバンク毎におすすめの格安SIM会社を紹介します。

なるべく簡単にお話しするから、これから格安SIMの乗り換えたいってあなたは、ぜひじっくりと読んでくださいね♪

ドコモ・au・ソフトバンクはどう選ぶの?

ていうか、選ぶ必要があるの?

そうなんです。格安SIMって、大手携帯会社(ドコモとか)から回線を借りて営業してるから、エリアは借りてる先の大手携帯会社とまったく同じなのだ。ドコモから回線を借りてれば、ドコモ系の格安SIMってわけ。

どう選べばいいの?

基本は今利用中の大手携帯会社と同じにするのが無難だよ。
今ドコモを使ってるなら、ドコモ系格安SIMにしたほうが無難ってこと。

理由は2つあるよ。

  • 今使ってるiPhoneやAndroid端末がそのまま使える
  • 建物の中の電波の入り具合に不安が無い

もし、エリアは気にしなくて、格安SIMを契約するときに一緒に端末も買い直す場合は、ドコモ・au・ソフトバンクのどれでもOKだよ♪

あなたは、ドコモ・au・ソフトバンクのどこ系の格安SIMにするか決まったかな?
それじゃぁ、それぞれについいて、おすすめの格安SIM会社を順番に見ていこう。

かおるがおすすめするドコモ系格安SIM会社

ズバリ結論からいいますね♪

  • これ選んでおけば間違いない「OCNモバイルONE」
  • LINEのID検索が必須なら「LINEモバイル」

いきなりだけど、ここで注意点です。かおるとしては「OCNモバイルONE」一択でおすすめしたいところなのだ。ID検索が「必須」じゃないなら、LINEモバイルは避けましょう。

LINEの年齢認証が出来ないのが格安SIM

ドコモとかの大手携帯会社では当たり前にできていたLINEの年齢認証。格安SIMでは出来ないのだ。唯一、年齢認証が通るのが「LINEモバイル」というわけ。ここはLINEの戦略ですね。

まー、ぶっちゃけ年齢認証通らなくても困ることはないよ。ID検索が出来ないくらいじゃないかな?QRコードで友達登録は出来るし。かおる自身、6年間格安SIM使ってきたけど、LINEで困ったことはないよ。

LINEモバイルを避けたい理由は、回線スピードがそれほど速くはないところ。同じお金を払うなら、回線スピードが速い「OCNモバイルONE」が幸せになれるってもの。

OCNモバイルONEの特徴

実は、OCNモバイルONEを運営してるのは「NTT Communications」という思いっきりNTTの関連会社なのだ。

つまり、ONEモバイルONEは、ドコモ系の正統派格安SIMなのね。
NTTの冠をかむってる以上、それに恥じない実力を持ってるよ。事実、ドコモ系格安SIMのなかでトップの回線スピードを誇るのだ。

というわけで、事実上「ONEモバイルONE」一択ですね♪

LINEモバイルの特徴

さっきも話したLINEの年齢認証が通るのが大きな特徴。

格安SIMって、料金もサービスもわりと横並びで差別化が難しいんだけど、「LINEの年齢認証が通る」っていうのは、必要な人には明確なアドバンテージだよ。

LINEモバイルはドコモ系格安SIM以外にも、au系格安SIM・ソフトバンク系格安SIMも扱ってるから、どうしてもLINEの年齢認証がしたいならLINEモバイル一択ですね。

ドコモ系格安SIMまとめ

  • OCNモバイルONE :料金も安く、回線も速い。まさに優等生。安心感がハンパない。
  • LINEモバイル :LINEの年齢認証が通る唯一の格安SIM。

かおるがおすすめするau系格安SIM会社

au系の格安SIM会社を紹介する前に、1点抑えておきたいことがあるよ。
それは、「KDDI関連会社が運営する格安SIMが原則おすすめだよ」という点。

KDDI関連会社が運営する格安SIMが原則おすすめ

格安SIMって、各社料金横並びで利益を出しにくい商品なんだよね。じゃ、どうするか。スペック表に表れない「回線スピード」をケチっているのだ。だから、各社の実力差は回線スピードに出るのね。

で、回線スピードをケチってないのが「KDDI関連会社が運営する格安SIM」ってわけ。KDDIの冠をかむってるわけだし、恥ずかしい真似は出来ないものね。
関連会社は複数あるから、原則としてその中から選ぶのが間違いないのだ。

前置きが長くなったけど、おすすめはこれ♪

  • 爆安の「J:COMモバイル」
  • 爆速の「UQモバイル」
  • 安くて速い「BIGLOBEモバイル」

この3つが、KDDI関連会社が運営する格安SIMってわけ。3つもあるんだね💦

J:COMモバイルの特徴

長らくケーブルテレビJ:COMのオプションとして地域限定でサービスしてたんだけど、2020年9月下旬についに全国デビュー!それまでのサービス内容を一新して、大型リニューアルを果たしたのだ。

J:COMモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクを通してのかおるの大本命♪

特徴は安さね。
全国デビュー後発だけに、よく研究されていて業界最安を実現してるのだ。

KDDIの冠で通信スピードが担保されていて、その上で業界最安なんだもん、そりゃ本命だわ。

もっといっぱい、こっちで語ってます♪

UQモバイルの特徴

実は、UQモバイルをおすすめ格安SIMとして紹介していいのか、迷ったの。
なぜなら、UQモバイルは他でもないKDDI株式会社自身が運営してるから。ラスボスかよ(笑)
大手携帯会社自らが運営する格安SIM。そりゃ反則級のスペックです。業界ではこれを「みなしMNO」といって、格安SIMには分類してないのだ。

UQモバイルの特徴はなんといっても、その回線スピード。ぶっちぎりです。当然です。
方々のスピードテストで、とんでもない数字をたたき出して、各社との比較グラフで縮尺をおかしくしている張本人です(笑)

その反面、格安SIMとしてはちょっと高め。

あと、街中に、auショップと並んでUQモバイルショップがあるのが強み。
格安SIMって安い代わりに有人窓口って基本ないからね。その点、UQモバイルなら安心です。

BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイルは、「au系格安SIM」の他に「ドコモ系格安SIM」も取り扱っているのね。
au系を「タイプA」、ドコモ系を「タイプD」って呼んでるよ。
当然、タイプAを選びましょう。かおるは両方契約してるけど、タイプDの回線スピードは普通だけど、タイプAは速い!

BIGLOBEモバイルの特徴は、業界最強のカウントフリーオプション。
YouTubeとかの動画/音楽系サービスをいくら視聴しようがギガを消費しないオプション「エンタメフリー・オプション」が用意されているのだ。
この対象サービスが異常に多いので有名。こんなサービスあるんだ?ってのもたくさん(笑)

対象サービス(2020年8月24日現在)

  • 動画:YouTube / ABEMA / U-NEXT / YouTube Kids
  • 音楽/ラジオ:Google Play Music / YouTube Music / Apple Music / Spotify / AWA / Amazon Music / LINE MUSIC / radiko / らじる★らじる / dヒッツ / RecMusic / 楽天ミュージック
  • 電子書籍:dマガジン / dブック / 楽天マガジン / 楽天Kobo
  • その他:Facebook Messenger / au PAY マーケット

BIGLOBEモバイルは、家電量販店に有人窓口があったりするので、その点では安心かな。

au系格安SIMまとめ

  • J:COMモバイル :業界最安。iPhoneSEが実質0円だったりもする。かおるの大本命。
  • UQモバイル:格安SIMとしては高めだけど、回線スピードは爆速。街中に店舗があってサポートも安心。
  • BIGLOBEモバイル:価格は業界並みに安く、それでいて回線スピードは速い。いいとこ取りのバランス型。かおるも愛用中♪YouTubeを外でよく見るなら有力候補。

かおるがおすすめするソフトバンク系格安SIM会社

ソフトバンクも一択です♪

  • これ選んでおけば間違いない「Y!mobile」

ソフトバンクは、個人向けMVNO(格安SIM)にはあまり興味がなくて、取り扱ってる会社はあまり多くないのだ。

その中にあって、強すぎるのが「Y!mobile」。

Y!mobileの特徴

実は、Y!mobileはソフトバンク自身が運営してるのね。だから厳密には格安SIMとはいえず、業界では「みなしMNO」なんて呼ばれていたりするの。
ってことで、反則級のスペックを備えているのだ。

料金は一般的な格安SIMよりは高いけど、回線スピードは爆速。そしてなんといっても街中にショップがあるのが強み。一般的に格安SIM各社は、有人窓口を持たないのが普通だから、これは心強いよね。

ソフトバンク系格安SIMまとめ

  • Y!mobile:安さ・回線速度・安定性・サポートの全てが欲しいなら、Y!mobile一択♪

まとめ:格安SIMは安すぎる

ドコモ・au・ソフトバンクのそれぞれの格安SIMについて、かおるのおすすめの会社を紹介してきたけど、どうだったかな?

一般的に格安SIMの料金って、千円台~二千円台って感じなのね。あなたは、今の携帯会社に毎月いくら払ってきた?毎月の事だから、両者の金額差はどんどん広がっていくよ。

大手携帯会社のお兄さんお姉さんは、きっとこう言うはず。

「解約違約金は高いので待った方がよい」
「端末残債を一括で払うことになるので待った方がよい」

これは常套句です。「納得してるので大丈夫です」って答えましょう。

毎月広がっていく金額差を考えたら、違約金を払って、端末の残債をきれいにして、そして早く格安SIMに乗り換えたほうが結果的に節約になるのは明白なのだー。

ここで、あなたに紹介できたのも何かのご縁。この機会にぜひ乗り換えを検討してみてね♪

記事で紹介した格安SIM

ドコモ系格安SIM
  • OCNモバイルONE :料金も安く、回線も速い。まさに優等生。安心感がハンパない。
  • LINEモバイル :LINEの年齢認証が通る唯一の格安SIM。
au系格安SIM
  • J:COMモバイル :業界最安。iPhoneSEが実質0円だったりもする。かおるの大本命。
  • UQモバイル:格安SIMとしては高めだけど、回線スピードは爆速。街中に店舗があってサポートも安心。
  • BIGLOBEモバイル:価格は業界並みに安く、それでいて回線スピードは速い。いいとこ取りのバランス型。かおるも愛用中♪YouTubeを外でよく見るなら有力候補。
ソフトバンク系格安SIM
  • Y!mobile:安さ・回線速度・安定性・サポートの全てが欲しいなら、Y!mobile一択♪

かおるがどれか1つ選ぶとしたら、J:COM MOBILEです!
それじゃ、あなたにもよきスマホライフを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました