新生J:COMモバイルの回線速度を測定してみた。完全に汚名返上してて、ホッとした(笑)

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

J:COMモバイルの回線速度が気になるあなた

「J:COMモバイルの回線速度が知りたい。最近大幅にリニューアルして魅力的になったって聞いたけど、、、果たして本当なの?実際の利用者の口コミ・評判を見てみたい。」

あなたのこんな疑問に答えます♪

この記事の内容

  • 実際にJ:COMモバイルを契約した
  • 回線速度を測定をした結果
  • 回線速度の測定環境
  • かおるの感想
  • J:COMモバイルの特徴
  • テレワーク時代に最適な格安SIM

この記事を書いてるかおるは、格安SIMの世界に飛び込んで6年、今現在は8枚の格安SIMを契約しています。そんなかおるが、本記事ではJ:COMモバイルの回線速度を測定します。

携帯電話は回線速度がベストエフォート型の商品だから、ケースバイケースで変化するもの。それでもリアルの測定結果は参考になるよね。これからJ:COMモバイルを始めたいってあなたは、ぜひじっくりと読んでくださいね♪

実際にJ:COMモバイルを契約した

そう。届いたんです、J:COMモバイルのSIMが😊
あ、回線速度を測定するために契約したわけじゃぁないからね(笑)測定はついで。

ほら、2020年9月に大型リニューアルしたっていうし、そうなったらJ:COMモバイルの実力が知りたいじゃない♪
試しに回線速度を測定してみようってだけ。

回線速度を測定をした結果

というわけで、もったいつけずにいきなり結果からです。
写真見て見て♪

  • 下りの回線速度=22.7Mbps
  • 上りの回線速度=2.21Mbps

けっこういい結果じゃない?
これ、一発撮りです。何回も測定して一番いい結果とかじゃないです。
SIM挿して、最初に測定した結果がこれ。

「これだけ出てれば十分だわ」って思って、もう回線速度の測定に対しては興味を失いました(笑)

回線速度の測定環境

使用した端末

その辺に転がってた端末、ASUS ZenFone Max(M1)を使ったよ。

J:COMモバイルはau系のSIM

auのSIMを認識しない中華スマホだと使えないから注意ね。
例えば、かおるの手元のxiaomi redmi note 8とかxiaomi redmi note 8とかxiaomi redmi note 8とか。
最初、なんで使えないのか分かんなくて、10分くらい悩んでた(笑)

J:COMモバイルのAPN設定

名前 (好きな名前)
APN jcommobile.jp
ユーザー名 jcom@jcommobile.jp
パスワード jcom
認証タイプ PAPまたはCHAP

>公式のAPN設定情報はこちら

測定した場所

都内のかおる自宅のかおるの部屋の中。

屋外で真面目に測定すれば、もっと回線速度が出るのかもしれないけど、いや十分だよね?

測定に使ったアプリ

アプリは使ってないよ。

「スピードテスト」ってググった時に出てくるグーグルのやつで測定してるの。
そもそも日常的にスピードテストするわけじゃないし、これで十分だよね。

かおるの感想

正直ホッとしたよ(笑)

だって、J:COMモバイルの口コミとか評判とか調べると、

  • 1Mbpsすら出ない
  • 今までの最高でも2Mbps

みたいな、地雷のような情報しか出てこなかったんだもん。

大型リニューアル後はKDDIの影響を濃く受けてるし、さすがにメンツがあるだろーと思ってはいたけど、ソフトバンク系列のLINEモバイルみたいな例もあるし、内心はビクビクしてた💦

でも、サクっと回線速度を測定して、サクっと20Mbps出れば、もう十分でしょ♪

J:COMモバイルの特徴

上でもちょいちょい触れてきた内容と一部被るけど、ここでJ:COMモバイルの特徴をまとめるよっ。

特徴①:回線も端末も両方安い

回線も安い

あなたは今、携帯代をいくら払ってる?端末代込みで7千円?1万円?
たぶん、その携帯代を減らいたくてJ:COMモバイルを検討してると思うのね。

J:COMモバイルなら、その期待にばっちり応えられるよ!

具体的には、月額2,380~3,980円を支払いうことで、「高速10GB+低速1Mbps無制限」な回線が手に入るのだ。

え?ギガが10GBじゃ少ない?大丈夫です。ギガがなくなって速度制限が発生しても、なんと1Mbpsの速度でネットができるのだ。これについては、下で詳しく話すね。

端末も安い

月額2,380~3,980円というのは、端末代も込みなのだ。
この場合の端末はiPhone SE。なんと、「実質0円」でiPhoneSE」が手に入る事になっているのね。

実は、この大盤振る舞いには理由があるの。
J:COMモバイルは、2020年9月に大型リニューアルを実施したのね。
その際の目玉商品が「実質0円のiPhone SE」だったのだ。
だから、iPhone SEが安いの。

ということで、今がちょうどいいタイミングなのだー♪

特徴②:回線速度が高速でも低速でも速い

高速でも速い

J:COMモバイルは、KDDIの子会社。つまりauの妹分なのだ。だから、回線速度についてかなり優遇されてるのね。
というか、身内の会社なのに回線速度が遅いなんて、そんな恥ずかしい真似は出来ないでしょ?
だから、かおるが回線速度を測定した時みたいに、てきとうな感じでもサクっと20Mbps出たりするの。

J:COMモバイルはいわゆるMVNO(格安SIM)だから、全体としての回線容量の上限は最初から決まっているのだ。これはJ:COMモバイルに限らず、MVNO(格安SIM)はみんなそう。

資本力が小さくて上限が低いMVNO(格安SIM)は速度が出ない。もちろん、その逆も言えるのだ。
つまり、J:COMモバイルは上限が高いから速度が出る!

同じMVNO(格安SIM)なら、速度が出ない会社より、速度が出る会社の方がいいよね♪
いやぁ、この辺は資本主義社会のサガなのだ(笑)

低速でも速い

契約したプランが「10GB」か「20GB」なら、なーんとギガを使い切っても、1Mbpsでネットが出来るのだ。

速度制限がかかっても1Mbpsってのは大きいよ。
だって、1Mbpsあれば普通にネット出来るよ?Youtubeだって観れるよ?

これだったら、ずーっとこれでいいやって感じ。
「10GB」のプランを契約して、ギガ使い切ったらあとは速度制限のまま過ごせばいい。
ぶっちゃけ「20GB」のプランはいらないかな(笑)

テレワーク時代に最適な格安SIM

ギガ1GBで、スピードも出て、街中のau Wi-Fiが使い放題で、きちんと070,080,090の電話も出来て、月額980円(税抜)ぽっきり!

マジでニュー・ノーマルな生活にピッタリな格安SIMだよね。
大してギガいらないなら、J:COMモバイル最安値ではなかろーか。

これは断然おすすめですね♪

>J:COMモバイルのかおるのレビューはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました