3,120円なら使い道が決まってなくても買っていいよねっ[ASUS ZenFone Max(M1)(ZB555KL)(ゴールド)実機開封レビュー]

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪


どどーん!

買いました!買っちゃいましたよ。
だってだって、ポイントサイトを絡めたら計算上実質3,120円だったんだもん♪
もちろん使いみちなんて決めてないよ?でもいいじゃない。安かったんだもん!
売るつもりもさらさらないよ。(面倒だし)
かおるは今、HUAWEI P20 liteを買ったばかりで浮かれてるから、ZenFone Max (M1)をメインで使うこともないでしょう。
なんで買った?
いいじゃない。コレクションだよコレクション(笑)

ということで、思考停止が済んだところで早速開封していくよっ♪

実質3,120円の買い方は、ポイントサイトを絡めてるからポイシムで解説中♪
追加費用3,120円でZenFone Max(M1)が手に入るとしたらあなたならどうする?かおるなら・・・[ハピタスxBIGLOBEモバイル]
キャンペーン3つを駆使した大技です。ポイントサイトに抵抗がなければオススメ♪

ASUS ZenFone Max(M1)(ZB555KL)(ゴールド)実機開封レビュー

かおるにとって2台目のZenFone Max。
今回この端末を選んだ理由の1つはバッテリーが大容量だったから。
ZenFone Maxの名にふさわしい4,000mAhです。

ZenFone 3 Maxを使ってたときも思ったけど、バッテリーが余裕なのって心の余裕と直結なのだ。
今、HUAWEI P20 lite(3,000mAh)をいじり倒してて1日持たないからよくわかる(笑)


封を切って、スライドさせて取り出します♪

最近「WE love PHOTO」って使ってるよね。ZenFone 5からだっけ?
これがついてると、あぁ最近のZenFoneなんだって気分になる♪
白いのは小箱だった。


その下にZenFone Max (M1)がっ!

ええぃ!どけどけぇぃ!
本体を取り出し、箱とたぶん付属品らしきものを蹴散らかして、場所を空ける。
本体を保護しているフィルムは、画面だけじゃなくいて全体をラッピングしている優れもの。

ファーストオーナーの特権!フィルムぴりぴりー♪

ふぅ!満足満足。


ちゃちゃーん♪

最近ではなにも考えなくてもベゼルは黒だからいいよねっ!
やっぱりベゼルは黒に限ります♪(個人の感想です)


カラバリはゴールドだけど、ピンクがかってるんだよね。誰かさんのローズゴールドを意識してるのかも。
嫌味のない淡い色でいい感じ♪

って、おおっ!こんなところにもピリピリのチャンスがっ!

・・・・・ぴりー

さ、じゃぁ舐めまわしましょう♪

・・・おっと。ここでマイクロUSBが現れましたよ。
充電ケーブルのType-C一本化への道はまだまだ遠いですね。
どのみちタブレットが全部マイクロUSBだからいいんだけど。

えーっと。
どっちがスピーカーかわからないけど、どっちかがモノラルスピーカーで、どっちかがメインマイクでしょう。


イヤホンジャック付きです。よかったー。
まぁ、Maxはバッテリーで厚みあるし、廃止にする理由もないよね。

・・・・?
あれ、サブマイクがない。
ん?

手元の他の端末を確認すると、P20 liteは上面。ZenFone 3 Maxやhtc Desire626は裏面に穴があるのに。
まぁ、いいか。



側面はSIMトレーと、電源・ボリュームキーとオーソドックスです。

あ、そうそう。

ZenFoneのトレードマーク的な同心円状の模様は、辛うじて電源キーにのみ宿っていました♪


あーそうだ!
デュアルレンズカメラだよ。デュアルレンズ!

ZenFone Max (M1)のデュアルレンズは、通常と広角の用途別に使い分ける方式になってるのだ。
(撮影画面に切り替えボタンが表示される)
広角は狭い場所での集合写真にはいいよね♪


じゃー、電源入れましょう!
と、その前にSIMを入れます。

今回もBIGLOBEモバイルで買ってるのだ。
ごにょごにょと理由があって、今回はタイプD(ドコモ回線)です。
なおこの端末は、タイプA(au回線)もイケる端末なのです♪

って、それよりSIMピンはどこかしら?


がさごそと探すと、白い箱をバラしたところに隠れてた。


相変わらず素晴らしいデザインです。ASUSのSIMピン。
ロゴ入りのSIMピンなんてASUSだけじゃないかしら?

HUAWEI P20 liteのSIMピンなんて、まるでゼムクリップだったし・・・。


SIMトレーは3連です。そして、DSDS対応です。いいなー、DSDS対応。
あ、でもそういえばかおるのメイン回線タイプAにしちゃったから、DSDVじゃないとあんまり嬉しくないか。


一番奥が「SIM 1」なのでそこに載せます。

さぁ、SIMを入れたら電源オーン!

さ、それじゃ起動までにしばらくかかるから、その間に付属品を簡単に見てみましょう。

ASUS ZenFone Max(M1)(ZB555KL)(ゴールド)付属品


ACアダプター。ASUSのロゴ入り♪


めっちゃ見にくいけど・・・・・


5V-2Aでした。

あとはえーっと、付属のケーブルはこれね。

どうせ使わないだろうから、このままにしておこーっと。


イヤフォンもね。

んー。
まだ起動しないから、スペック表も確認しちゃいましょう♪

ASUS ZenFone Max(M1)(ZB555KL)スペック

型番 レッド:ZB555KL-RD32S3
ブラック:ZB555KL-BK32S3
ゴールド:ZB555KL-GD32S3
プロセッサ クアルコム Snapdragon 430 オクタコア(1.4GHz)
プラットフォーム Android 8.0
ディスプレイ 約5.5インチ , IPS液晶ディスプレイ
サイズ 高さ約147.3mm x 幅約70.9mm x 厚さ約8.7mm
重量 約150g
解像度 1,440×720ドット (HD+)
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
バッテリー容量 4,000mAh
対応回線 NTTドコモ回線 (タイプD)
au回線 (タイプA)
通信機能 3G : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD-LTE : B38/41
GSM : 1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz
IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth® 4.2
VoLTE タイプD (NTTドコモ回線):対応
タイプA (au回線):対応(日本国内において3G通信はご利用いただけません)
カメラ アウトカメラ:約1,300万画素+約800万画素
インカメラ:約800万画素
インタフェース microUSB
nanoSIMスロット×2
microSDカードスロット
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック

  • 2枚のSIMカードを使って、同時にLTEでのデータ通信・VoLTEでの通話/待ち受けはできません。
付属品 USB ACアダプターセット(USBチャージャー、microUSBケーブル)
SIMイジェクトピン
イヤホンマイク(ZenEar)
ユーザーマニュアル
製品保証書
本体カラー レッド
ブラック
ゴールド

起動完了

というわけで、外見重視なかおるは中身にはあんまり興味なくて、レビューもここまでです。
いつものことなのです♪

1年間Zenfone 3 Maxを使ってきたうえで思ったことが「縦長画面かっこえー」です(笑)
やっぱり縦長だと見た目が新鮮だもん。やっぱなー、かっこいーなー♪

あ、そうそう。
ガラスだけど、Zenfone 3 Maxと同じくツルッツルです。
本当にツルツル。
どのくらいツルツルかっていうと、カフェでテーブルに伏せておくとじりじりと移動していくくらいです。

あと、横幅だけどZenfone 3 Maxに比べて随分スリムになったよ。片手でも扱える大きさになって操作が楽になった♪

まとめ

ゴールドっていっても、どっちかっていうとローズゴールドっぽい感じ。
重くて厚いけど、それは大容量バッテリーの証。安心感が違うのです。


スリムで縦長、スクショだと四角いけど画面が角丸になってて今風です。かっこいい♪

さぁ!なにに使おうかなー!

スマホケースはここで探そう♪

iphoneケースから各種スマホケースまで♪デメリットを押さえつつ、おしゃれな手帳型でおでかけしよう♪
かおるです♪ あなたのスマホ、ケースつけてる?(^o^) かおるはよく手帳型使ってたんだけど、前の機種ではストラップホールが付いてるからってケースいれてなかったんだよねー。 そしたら落ちして壊しちゃった(汗) ま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました