au系格安SIMは使えるのか?TCL PLEX実機開封レビュー②

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

いよいよ本題。
各系統の格安SIMを使った通信・通話確認です♪

このお話は、
TCL PLEX実機開封レビュー①
かおるです。おかえりなさい♪TCL PLEX。それはパンチホールが欲しくて手に入れたスマホです😊高価な端末じゃないとパンチホールってまだ見ないんだけど、このTCL PLEXは比較的安価に手に入るパンチホールなの...
の続きです!

au系格安SIMの謎

海外製のスマホの場合、au系の格安SIMが使えないってよく話題になるの。なんでだろ?

このTCL PLEXにしても、ざっとググったところ「auで使えない」ってタイトルがちらほら出てくる。むー。

バンドが対応してない?

この表は、かおるが作ったTCL PLEXのバンド対応表。

このTCL PLEXの実力は、表を見る限りこんな感じだよ。

  • ドコモの電波は完ぺきに使いこなせる
  • auの電波は4Gのバンド1だけ使える。郊外や山間部に行かなきゃ問題なし。
  • ソフトバンクの電波もほぼ完ぺきに使いこなせる。ちなみに、対応してないバンド41のAXGPがなんなのか、かおるにはよくわかんない(笑)

で、au系なんだけど。
バンド的にはバンド1をサポートしてるわけじゃん?
だから、ドコモ系・au系・ソフトバンク系で等しく使えると思うんだけどなー。
いまいち理解してないかおるは納得が出来ない(笑)

ということで、自分の目で確かめるのです😊

TCL PLEXは3キャリアの格安SIMで使えるのか?

ドコモ系格安SIM、au系格安SIM、ソフトバンク系格安SIM。
それぞれのSIMを刺して、実際に通信や通話をしてみればいいのだ。なんて原始的。

ちなみに、かおるは都内に住んでるので、郊外や山間部に住んでる人にとってはあんま参考にならないと思うのね。そこはごめんなさい💦

用意した各社の格安SIM

通話・通信の確認につかうSIMはこんな感じ♪

ドコモ系格安SIM(音声) BIGLOBEモバイル音声通話SIM(タイプD) APN設定方法
au系格安SIM(音声) BIGLOBEモバイル音声通話SIM(タイプA) APN設定方法
ソフトバンク系格安SIM(音声) mineo(Sプラン)デュアルタイプ APN設定方法

ドコモ系格安SIMは、かおるのメイン回線だからいいんだけど、その他の2枚は完全にこの動作確認のためだけに毎月維持してるのだ。
物好きなことだよね(笑)

有効活用するためにも、たくさん端末買ってたくさんレビューするのだー😊

確認方法

以前は、SIMを1枚だけ挿して動作確認してたんだけど、今どき普通にSIMトレイ2つあるし、面倒なので1度に2枚挿します。

  • 「ドコモ系+ソフトバンク系」でそれぞれ確認
  • 「ドコモ系+au系」でそれぞれ確認

こんな感じでいきます。

ドコモ系+ソフトバンク系

それじゃぁさっそく始めましょう♪

APNの設定

SIMを挿したら、まずはAPNの設定ですね。

ドコモ系APN一覧

結構豊富にプリセットされてた。用意したBIGLOBEモバイル用のAPNもあった。

選ぶだけだから楽ちん♪

ソフトバンク系APN一覧

MNO(ソフトバンク・Y!mobile)だけで、MVNO(格安SIM)のAPNは一切プリセットされてない💦

仕方ないので、右上の「+」ボタンをタップして、手動で追加しました。もー。面倒だなぁ。

通話 (待ち受け) 確認

通話の確認にはあーんまり興味がないので、着信の確認だけしましょう。

ドコモ系とソフトバンク系のSIMが挿さった状態で、両方の番号に電話をかけて着信するか確認します。

ドコモ系着信確認

小さくて見にくいけど、画面中央にSIMのアイコンがあって「1」ってなってます。ドコモのSIMで着信中ってこと。

OKですね。

ソフトバンク系着信確認

今度は、SIMのアイコンが「2」になってます。これはソフトバンクのSIMに着信してるってこと。

こっちもOKですね。

通信確認

じゃぁ、次は通信を確認しましょう♪

んー。確認はGoogleマップを表示させるのでいいよね?

ドコモ系通信確認

ソフトバンク系通信確認

というか、このスクショだとわけわかんないと思うけど、一応右上のアンテナマークの表示が異なってます。

ちゃーんと、どっちのSIMでも通信できましたよ♪

ドコモ系+au系

それじゃぁ次はドコモ系+au系で確認してみましょう。
使えるのかなぁ。どきどきです。

APNの設定

au系APN一覧

おっとー。一部のMVNO(格安SIM)のAPNはプリセットされてたけど、BIGLOBEモバイルのAPNは残念ながらなかった。
手動で追加ですね💦

通話 (待ち受け) 確認

これもサクサク行きましょう♪やっぱり着信の確認です。

ドコモ系着信確認

特に問題なしです。じゃぁ次。

au系着信確認

ここで異変が!

「おかけになった番号は、電波が・・・」的なアナウンスが入って繋がらない!

なにーーーーーっ!?

ちなみに、TCL PLEXからの発信も出来なかった💦

や、ば、い。

au系単独

au系の発着信出来ないって事実は、かなり衝撃的だったよ。
なんだ?どういうことだ?

落ち着いて現象を正確に把握しなきゃ。

ということで、いったんSIMは全部抜いて、au系のSIM1枚だけを挿して確認再開だよ。

だって、DSDSが悪さしてるとか、SIMトレイ2だと動作しないとか、そんなオチだったらイヤだもん💦

着信確認

ぐはぁっ!

やっぱり無常にも「おかけになった電話番号は・・・」のアナウンスが💦

発信もやっぱりだめ。

「モバイルネットワークが利用できません。」って出ちゃって、発信してくれない。あああ、なんて無常な。

ところが。

au系通信確認

通信は出来た。

・・・・・・え?

確認結果

とりあえずまとめると・・・

  • ドコモ系は通話・通信OK
  • au系は通話NG、通信OK
  • ソフトバンクは 通話・通信OK

です!

かおるの感想

思ったんだけど、この端末VoLTE(4Gでの通話機能)に対応してないんじゃないの?

それなら通話が出来ないのは納得かも。
au系は、3Gのバンドが全滅だからね。

技術的なむずかしい事はわかんないし、あんまり興味もないんだけど、事実としてau系は通話は出来なかったけど、通信は出来た。

ちょっと惜しかったね💦

それじゃ、次回はレビューの最終回。
antutuベンチマークを試しつつ、雑感を話すね。

お楽しみにー♪

このお話には続きがあるよ♪
antutuベンチマーク結果と雑感。TCL PLEX実機開封レビュー③
かおるです。おかえりなさい♪TCL PLEXのレビューも今回で最後。今日は、antutuベンチマークを回しつつ、雑感を話すね♪このお話はの続きです!antutuベンチマーク開始antutuベ...
ぜひ読んでね!

コメント

  1. とおりすがり より:

    とおりすがりの者です。
    auの対応を表示していない端末は「PHS保護の技適」を取得していないのが通例です。
    auのみPHS帯域と隣接の為、専用に弱くする技適が必要になります。
    この端末もauに対応するつもりが無いので技適もVoLTEも無いという事でしょう。
    au用の技適が無くてもLTEバンド1は繋がりますが、違法です。
    PHSは現在もフードコートの呼び出し等に利用されています。

  2. ゼロ より:

    やっぱau系はだめっすかー
    UQモバイルメインの自分には海外勢は厳しいっすね

  3. 小沢 より:

    【グーグルマップについて】
    au回線SIMでグーグルマップの通信ができた。という事なんですが、おそらくdocomo回線simで通信した時のキャッシュで表示されて実際は通信できていなかったんじゃないかと思います。
    アンテナピクトも表示されていないので電波もつかんでいないのかな?と。
    もし可能であればブラウザなどで通信確認していただければありがたいです。

  4. かおる より:

    とおりすがりさん、おお!なるほどです。
    てことは、auのSIMを挿すのは、そもそも違法行為ってことなのかなー。
    勉強になります。教えてくれてありがとうございました!

  5. かおる より:

    ゼロさん、ですねー。
    かおるは時期が来たら、メインをソフトバンク系に乗り換えようかとたくらんでますよw

  6. かおる より:

    小沢さん、確かに!!!!
    ちょっと、auのSIMだけ挿して、端末再起動してから試してみます♪

タイトルとURLをコピーしました