OPPO Reno3 A(UQmobile版)実機開封レビュー①

スポンサーリンク

かおるです。おかえりなさい♪

じゃじゃーん!

ついに手のひらに舞い降りた、OPPO Reno3 Aだぁぁ!
UQmobile版の未使用品をイオシスで買ったので、国内版とはファームウェアが違うのかな?
その辺も追々見ていこう。

箱を開けると、小箱とご対面。透明ケースと説明書が入ってる。

箱を放り出すと、いよいよReno3 Aとご対面です!

ほうほう、フィルムが巻いてある感じなんだね。
画面に保護フィルムが貼ってるスマホには、もう久しく会ってないなぁ。
・・・ううん。いいんだけどw

カラバリは白と黒だったので、今回は白にしてみたよ。
白と言っても、水色のグラデでとってもきれい!

それじゃぁ、保護シートを剥がそう。ぴりぴりー♪

おおお。めちゃきれいだよ。高級感がある。
黒だったら、もっと高級感あったのかな?

ところで、
背面で目立つのは、やっぱりカメラだよね。

カメラは四眼なんだけど、かおるはカメラにはいまいち興味がなくて、どれがどの役割のレンズなのかはわかんないw

カメラの出っ張りは、そこそこって感じだね。

そして、カメラの横におサイフのマークがあるね。
これこそが、OPPOを人気メーカーにした立役者。Felica(フェリカ)。

かおるはおサイフは使わないけど、日本でおサイフ対応は重要だからね。
ミドルレンジでおサイフ対応の機種が少ないことに目をつけて、先代RenoAを発売したOPPOはすごい。

それじゃぁ、ボタン類を見ていこう♪

ボタン類

左側面に音量ボタン。
・・・ん?左側?珍しいね。
慣れれば、人差し指と中指で音量調整しやすいのかな?

反対側は音量ボタンとSIMスロット。

下部は、スピーカー・USBタイプC・マイク・イヤフォンジャックだね。

上部はサブマイク。

さぁ、いよいよ電源を入れてみよう♪

写真には撮り忘れたけど、起動画面はOPPOのロゴが出て、UQmobileのロゴは出なかった。よかった、特に国内版と違いはないのかな?(淡い期待)

言語の選択が日本語じゃないのは、SIMを挿してないからかな。
手動で日本語を選択。

このあと、googleアカウントでログインしたりとセットアップが続くんだけど、その間に同梱物を紹介しちゃうね♪

同梱物

同梱物はまずはUSBケーブル、イヤフォンマイク、ACアダプター。

ACアダプターは、5V-2Aか、9V-2Aだね。

放り投げた白箱に入ってたのは、SIMピン、説明書、透明ケースだね。

SIMピンはOPPOも針金かw

あ、セットアップ終わったよー。

Android10ベースのColorOS7です。

ホーム画面

んなっ!
画面の下みて。

UQmobileのアイコンがw

なるほど。世の中そんなにあまくないなー。
なんて思いながら、フリックしてまた驚愕。

auのアイコンまであるんじゃんw

そうそう。反対側にフリックすると、googleのおすすめ?が出てくるのは、素のAndroidと同じ。これは嬉しかった。

Xiaomi(シャオミ)だと独自のランチャーが出てきちゃって慣れなかったんだー。

指紋認証

途中でハタと思った。

あれ!?指紋認証がない!え?RenoA 3って指紋認証ないの?

そんなわけなかったw

画面内指紋認証は位置に賛否あるとは思うけど、慣れの問題かなぁ。
そんなことより、背面指紋認証だと1タップでロック解除なのに、この画面内指紋認証は、2タップしないとロック解除しない。

これは、設定で変えられるのかな??

かおるの感想

おサイフ使ってない時点で、OPPO使う意味あるのかって言われそうだけど、いやいや、普通に素直でいい端末だと思ったよ。

今日は開封までだったけど、これから使い込めばもっとなじんでくるんじゃないかな♪

次回の実機レビューは

次回はいよいよ、各種SIMをつかって通信・通話確認を行うよ♪

ドコモ系・au系・ソフトバンク系・楽天モバイルで、ちゃんと使えるのかな?
一緒に見ていこう!

それじゃぁ、お楽しみにー♪

かおるが買ったOPPO Reno3 A

イオシスで詳細を確認する。
スポンサーリンク