大陸需要は守られたか (中国移動[チャイナ・モバイル]×iPhone5S/5C)

kaoru.jpg
こんばんは(^-^) かおるです♪

ドコモからiPhone5S/5Cが販売されることになりましたね(^-^;
残念なことです。

ところで、
国内2位3位がiPhoneを取り扱い、
1位が取り扱っていない状況。

同じことが、中国でも起こっています。

中国の販売状況

中国では、
国内2位のチャイナ・ユニコム(中国聯通)と、
国内3位のチャイナ・テレコム(中国電信)が、
従来からiPhoneを取り扱っています。

でも、
国内1位のチャイナ・モバイル(中国移動)は、
取り扱っていませんでした。

中国移動(チャイナ・モバイル)

中国移動は、
1社で7億の契約者数を抱えるモンスター会社で、
国内1位なだけじゃなく、世界1位の契約者数です。

今回、ドコモ同様に、
appleと提携する話が噂されていました。

これが実現したら、
日本の販売台数にも影響を及ぼすといわれています(>_<) なぜなら、 現在、中国移動のユーザーは、 他社製のiPhoneを入手して利用しているからです。

大陸需要

私たち携帯乞食がせっせと買っているiPhoneも、
その多くの最終到達地は、中国です。

中国移動で、正規に取扱いを開始したら、
中国での他社製iPhoneの需要は確実に先細ります。

需要が減っちゃうってことは、
ゆるやかな価格の下落につながります。

なんてこと!
携帯乞食直撃ではないですか(^-^;

ついでのお話として、
案件としての魅力に乏しくなった結果、
日本国内での販売台数も頭打ちとなるでしょう。

中国移動での販売開始は、
私たち携帯乞食にとって、
決してよい話ではありません(^-^;

中国移動での発売は発表されず♪

大陸需要.png

今日の午前中に、アップルの中国サイトで、
従来通り2社からの販売が告知されました。

噂されていた、
中国移動からの販売は発表されませんでした(^-^)

ひとまずは、ほっと一息ですね♪
大陸需要は守られました(^o^)

手放しで喜べないアップルの必死さ

相変わらず、
アップルと中国移動は、近々提携するといわれているし、
アップルがメインターゲットをアメリカから中国に移して、
チャイナスペシャル(5C)まで用意したくらいです。

中国移動での販売は、
避けられそうに、ありませんね(^-^;

中古携帯の高額買取

コメント

  1. みやざき より:

    残念なことなんですか??疎いワタクシメにその辺聞かせてくださーい(/´△`\)だから株価もさがったのかしら、、、

  2. ちゃかちゃか より:

    この記事の内容に合っていませんが・・・。ブログのタイトル月5万円とありますが、そんなに稼げますか?毎月ではなくってことですか?

  3. かおる より:

    みやざきさん、ドコモが今までいろいろ安売り施策を繰り出して来た原動力が、MNPによるユーザー流出です。
    iPhoneを自社で扱うと、流出が止まると言われています。
    そうなると、殿様商売に逆戻りというわけです。
    その意味で、残念です(^-^)

    auとソフトバンクが、対抗策としてCB積んでくれる状況になるのが、せめてもの救いですね(^-^)

  4. かおる より:

    ちゃかちゃかさん、そうですよ~。
    毎月コンスタントに5万なんて、かおるみたいな兼業の素人には無理です(^-^;
    元々運用自体が単月で完結するものじゃないですし、
    今みたいなお祭りのときとか、そうじゃないときとか、波はありますよね♪
    月に2~30万いくときもあれば、逆にマイナスになる月だってあります。
    かおるの場合は、6ヶ月平均値で5~6万なので、まぁ看板に偽りなし。なのかな?(^-^;(笑)