[au可・DSDV対応]1万で買えるノッチ端末「UMIDIGI A3 Pro」実機開封レビュー②格安SIM3キャリア通話通信テスト

前回、提供企業の名前を思いっきりスペルミスしてたかおるです。おかえりなさい♪
教えてくれた方、マジでありがとうございました(汗)

このお話は

かおるです。おかえりなさい♪ じゃじゃーん♪UMIDIGI A3 Proが届いたのだぁ! 今回は郵便局の「書留...

の続きです♪

UMIDIGI A3 Proは3キャリアの格安SIMで使えるのか?

さぁ!今回はドコモ系・au系・ソフトバンク系の格安SIMでそれぞれ使えるのかどうか確認するよー。

確認に使うSIMはこの通り♪

準備した音声SIM

ドコモ系格安SIM(音声) ocnモバイルone音声対応SIM APN設定方法
au系格安SIM(音声) BIGLOBEモバイル音声通話SIM(タイプA) APN設定方法
ソフトバンク系格安SIM(音声) mineo(Sプラン)デュアルタイプ APN設定方法

通話と通信の両方を確認するよー。

UMIDIGI A3 Proの仕様上は3キャリアで利用OK

まずはUMIDIGI A3 Proが3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の電波に対応しているかを見てみよう。

この表は3キャリアのバンド表とUMIDIGI A3 Proの対応状況ね。
かおるでもわかるように、わかりやすく簡略化して描いた表なのだ。

この表を見ると、UMIDIGI A3 Proは3キャリアのバンドを掴むことが出来るのだ。
auの3Gだけ●印が付いてないけど他は完璧。
auもVoLTE SIMなら使えるようです。すごいですね、ここまで対応するなんてほぼ完璧じゃない♪

つまり、

ドコモ系格安SIMを挿しても使えるし、
au系格安SIMを挿しても使えるし、
ソフトバンク系格安SIMを挿しても使える。

ってこと。

ホントか?
じゃぁ実際にやってみよう!

ドコモ系格安SIM


SIMトレーのスロット1番にドコモ系格安SIMを載せて端末にスロットイン。


APNの選択候補はb-mobileやso-net、vmobileが出てきた。ocnモバイルoneは出てこなかったから[+]ボタンから手動で追加です。

さっそく発着信とネットの確認♪

発信。


着信。


通信確認(スピードテスト)。

すべてokでした!
まぁ、ドコモは使えて当然ですね♪

あい、それじゃぁ次はau♪

au系格安SIM


SIMトレーのスロット1番にau系格安SIMを載せて端末にスロットイン。

APNの設定をしようと思ったけど、それ以前にSIMの認識が不安定なのに気が付いたよ。


認識しなかったり、


データのみって表示されたり。

やはりauは未対応なのか!

・・・と思ったけどちょっと考えた。

これまでの経験をもとに考えられる原因は3つ。

①再起動が必要
②片方のSIMトレーのみ対応
③ホントに未対応

一番手間の少ない②をためそう。
SIMトレーを抜いて、SIM2へ載せ替える。


おーっ!!あっさり認識してくれたー。よかったー♪

APNの選択候補はuqが出てきた。biglobeモバイルは出てこなかったから[+]ボタンから手動で追加です。

続いて発着信とネットの確認♪


発信。


着信。いいぞいいぞ♪


通信確認(スピードテスト)。

すべてokでした!
auが使えるのはとても嬉しいです♪

それじゃぁ続いてソフトバンク系にいってみよー。

ソフトバンク系格安SIM

APN候補にLINEがあった(笑)
もちろんmineoはないので手動で追加。

それじゃぁ、さっそく通話と通信の確認なのだー。


発信。


着信。


通信確認(スピードテスト)。

すべてOKでした!

DSDVに挑戦♪

ドコモとauはVoLTEイケたんだから、せっかくなので2枚挿してDSDVごっこをしてみようと思うのだ。

DSDVが使える確認っていうのはどうしたらいいのか未だにわかんないんだけど、日本でのDSDVの存在価値は、「auで通話(VoLTE)待ち受けが出来る状態で、ドコモの格安データSIMで4G通信が出来る」ってところだよね。

だから、au系SIMで通話が出来る状態でドコモ側で3G(14.4Mbps)以上の高速通信が出来ればいいってことじゃないかな。

さっそくやってみよう♪

ドコモ系格安SIM+au系格安SIM

SIMカードの設定で
・ネットはドコモ
・電話はau
に設定する。

まずは、念のためau側で着信出来ることを確認。

ほい。ちゃんとau側(KDDI)で着信して通話も出来たよ。
じゃぁ電話を切った後にスピードテストを実行っと♪

一回目で17Mbpsを出した。よかった~。au VoLTE待ち受け状態でも、ドコモで4G通信出来てるよ♪

つまり!

このUMIDIGI A3 ProはDSDV対応端末である!

まとめ

1万程度の端末だけど、技適付いてるし、日本のバンドに完全対応でau VoLTEもつかえるし、挙句の果てにはDSDV対応だしで、値段に見合わない性能が明らかになったよ。

エントリークラスだと思って甘く見てたよ。
こんなにすごい端末だとは知らなかった。ごめんね、UMIDIGI A3 Pro。

今回はここまで♪

いやー、とてもいい結果にかおるはご機嫌ですよ♪
今回はここまでしましょう。次回はベンチマーク(aututu)の測定や、雑感などを話そうと思います。お楽しみに!

あなたもGearbestで買い物を♪

今回企業提供案件を頂けて舞い上がってるかおるだけど、次があるかどうかはこのA3 Proの売れ方次第。

かおるは一つの野望を持っています。
それはGearbestに対して発言力を高めて、かおるが興味のある端末を指名してサンプル提供を受けたり、ゆくゆくはこのブログ限定の特別価格を交渉したり出来たらいいなって思ってるのだ。
※今回は断られました(汗)

発言力を高めるためになにより必要なのが売り上げという実績。かおる経由でGearbestで買い物をしてくれた方はまだ0人なので、現状の発言力は0なのです。

あなたにお願いです

Gearbestで買い物をしてくれるととても嬉しいです♪
小物でもかまわないけど、 A3 Proを手に入れてくれるのが一番うれしい。
あなたが買い物をしてくれることで、かおるの発言力があがるのだー。
Gearbestで買い物をすることでかおるを支援してもいいよというあなた、ぜひよろしくおねがいします♪

レビュー中の端末[UMIDIGI A3 Pro]

GearBestで詳細を確認する


GearBestでの買い物はこうするのですよ♪

準備するもの
・メールアドレス

※英語はわからなくてもOK!かおるも英語わかんないから。

かおるです。おかえりなさい♪ 中国版amazonともいわれているガジェオタ御用達の通販サイトGearBest(ギアベスト)。 かおるはGe...

連載「中華端末の深淵を覗くとき。」→もくじ

コメント

  1. ラムセス123世 より:

    auのB18は周波数的にはプラチナバンドですけど別に郊外や山間部に限らないメインバンドだと思います。ドコモだとB1がメインでB3やB19が補助的ですけどauはB1の方が補助的ですし。

  2. Wastrell より:

    うーん、もうちょい前にこのサイトを見つけて、
    もうちょい前にレビューがUMIDIGI Z2 Proだったらここから買ったかも…
    自己責任で国内で使ってみようかな…(笑)
    Docomoのプラチナバンド対応の中華スマホって、少ないですよね…
    UMIDIGIには結構あるけど。

  3. House of Pain より:

    B18に対応していますか? リンク先や他のページでは対応バンドにB18が記載されていないのですが

  4. かおる より:

    ラムセス123世さん、おぉっ。ご指摘ありがとうございます!はじめてご指摘いただけて嬉しいです♪
    かおるはメイン/サブとかプラチナなどの立ち位置は考慮していなくて、「ここをサポートしてたらどこが入るようになるのか」を書いてるつもりなのです。あ、そっか。「都市部」って表記を追記すれば語弊がないのかな?
    あんまり厳密にしていくとすぐに複雑になっちゃって難しいですねー(汗)
    でも、ご指摘ありがとうございました♪

  5. かおる より:

    Wastrellさん、UMIDIGIはついに技適も取得したのでもともと日本市場参入に本気だったんですねー。グローバルバンド対応のメーカーが今後も増えるといいですね♪

  6. かおる より:

    House of Painさん、B18対応してますよ~。アプリ「MTK Engineering Mode」で確認しても、SIM1,2ともに対応してます♪
    技適マークも出るし、auも使えるし、たぶん以前のロットから機能強化されてるのかもしれませんね。